Columnコラム

コラム
お宮参り~2歳

フォト・C・スタジオならお宮参りの思い出を色褪せることなく写真に残します。

お宮参りは多くの赤ちゃん・ご両親にとって生後初のイベントです。
しかし、まだまだ首も座らず起きている時間の方が短い時期であり、特に初産の場合にはママパパも育児に不慣れな時期でしょう。
フォト・C・スタジオでは、そんな赤ちゃんの様子を見ながら一瞬の良い表情や、パパママとの触れ合いをしっかり思い出に残します。

お宮参りとは

お宮参りは、本来は生まれたばかりの赤ちゃんを土地の氏神様に参拝させる・お産の忌明けの儀式などの意味がありましたが、現在は赤ちゃんの生誕を感謝して健やかな成長を祈るために行われています。
お宮参りを行う時期は、生後約1ヶ月後に行うことが多いですが、地域によって時期が変わり、猛暑時・真冬のタイミングでのお宮参りは、赤ちゃんへの負担を考えて時期をずらす方もいるようです。



お宮参りは誰と行くもの?

慣わしでは、お宮参りは赤ちゃんのパパママ・父方の祖父母で行うものでした。
そして、お宮参りで赤ちゃんを抱くのは父方の祖母が正式だと言われています。
しかし現在では両家の両親が参加したり、パパママだけでお宮参りを行うこともあるようです。

お宮参りはどこでするもの?

お宮参りを行う神社には厳格なルールはありません。
また、生後間もない赤ちゃんを連れて遠くの神社に行くのは赤ちゃんに負担をかけてしまうので、行きやすい場所にある神社が選ばれることが多いです。



お宮参りの服装

お宮参りの赤ちゃんの服装は、母方の実家が用意した祝い着を着ることが慣わしです。
肌着の上に白羽二重の内着を着せて祝い着を被せ、大黒帽子・お守り・扇子・よだれかけを合わせます。
しかし、この服装は季節によっては赤ちゃんに非常に負担がかかるので、今では多くのご家庭で略式の服装が用いられ、脱ぎ着せしやすいベビードレスが人気です。



ママパパは赤ちゃんに合わせた服装をする

お宮参りは赤ちゃんが主役なので、ママパパは赤ちゃんに合わせて洋服選びをすると良いと言われていました。
しかし、赤ちゃんのお世話もしなくてはいけない状態で家族揃って和装を着るのは難しく、現在は多くのご家庭がスーツやワンピースで参加しています。
特にママはまだ体調が安定しておらず、授乳も必要な時期なので無理のない服装を選びましょう。カジュアルな服装や派手な服装は避けるようにします。



お宮参りの服装はレンタルがお勧め

お宮参りで使用した祝い着は仕立て直して七五三で着用できますが、レンタル衣装を使えば費用も抑えられ、着物の保管の手間もかかりません。
フォト・C・スタジオのお宮参り用の衣装は可愛さや品の良さ・写真映えだけでなく着心地・生地の上質さにこだわっています。
撮影で使用した衣装は毎回クリーニングとメンテナンスを実施しており、専用のお部屋で丁寧に管理しているため、まだまだお肌が成熟していない赤ちゃんにも安心して着用できるでしょう。



箕面市のお宮参りならフォト・C・スタジオへ

お宮参りの基本的な知識を簡単にまとめました。
フォト・C・スタジオでは、赤ちゃんのペースに合わせてゆったりと撮影ができるので、パパママも安心して撮影に挑めます。
全てがオーダーメイドの撮影になるため、ご家族にぴったりの撮影方法で素敵な思い出を写真に残せるでしょう。

Recommendあなたへのオススメ